作業着の防寒性と機能性の両立について

作業着は着用した人が動きやすく、安全を確保できることが最も必要なポイントです。
体の動きを邪魔しないように余計な装飾品は付けず、生地も薄手の物を用いるのが一般的です。
その一方で、冬季の作業や冷蔵施設内での作業などに従事する場合は防寒性を重視する必要があります。
防寒性が高い衣類は生地が厚いのが普通ですが、動き易さを重視する作業着の条件とは相反する特徴なので双方の利点を活かす工夫が必要になります。
生地の厚さを変えずに着用している人の体温を外部に逃がさないように気密性を向上させることで防寒性を保つ製品が開発されている他、体が冷える原因になる汗を素早く吸収してすぐに乾燥する生地を用いた製品も広く普及しています。
体温の低下は作業員の体調に大きな影響を与え、仕事の効率を下げてしまう要因になります。
そのため、着用する作業着は仕事の内容に応じて適切な一品を選ぶように心がけます。
また、単に熱を籠らせるだけではなく周囲の温度変化に適応できる構造であることも作業を快適に行うための重要な条件になる点を把握することが大切です。

日本には防寒性能に優れた作業着がある

日本は世界的に見ても積雪量の多い国で、北海道や青森、新潟や長野あたりは非常に寒くなることが多いです。
とくに北海道などは、最高気温がマイナスであるという日もたくさんあり、最低気温はマイナス十度や二十度ということにもなりかねません。
ですから、そういった場所での仕事をしやすいように防寒性能に優れた作業着もたくさん開発されています。
作業着メーカーは寒さに強く、それでいて動きやすいという商品を開発してラインナップしてくれています。
かなり分厚い生地ですが、数千円というリーズナブルな値段で販売されているので要チェックです。
こういったものがあるおかげで、冬場でも問題なく働いていくことができるわけです。
年々素材の研究も進んで、薄くて軽いのに温かいという作業着も増えてきています。
さまざまな場所で活躍するであろう動きやすいタイプの防寒着も見つけられるので、作業効率をアップさせるためにも最高の一着を見つけてみてはいかがでしょう。

pickup

2017/10/19 更新