頻繁に洗濯をする作業着には刺繍がベスト

作業着は頻繁に洗濯をするものですから、耐久性が重要になります。
とくに会社名やロゴマークがプリントで付いている場合には、そこから剥がれ落ちてしまうケースが多々あります。
できるだけ長く使っていこうと思うのであれば、そういったものはすべて刺繍にしておくといいかもしれません。
刺繍なら、何度洗濯しても痛むことがありませんし、作業着それ自体を長期的に使っていくことができます。
大きな会社になると、作業着を人数分揃えるコストだけでも大変なことになりますから、刺繍入りのものを選んでコストカットが果たせます。
刺繍といっても、ワンポイントなら一つ二百円程度で入れることができるのでプリントとの差はさほどありません。
発注をするときにお願いをすれば無料で入れてくれる業者もありますから、そういったところを探して利用するのが賢いです。
刺繍は視認性もいいですから、名前を入れておくのもいいかもしれません。
糸の色も選べるので、カラフルなロゴマークでも大丈夫です。

汚れた作業着を家庭で洗濯する際の心構えについて

作業着に付着する汚れは仕事を行う環境によって異なりますが、多くの場合は油や薬品などの特殊な成分で構成されていることから、家庭用洗剤では綺麗に洗浄できない場合があります。
また、作業着は厚手の生地で作られているため、洗剤が染み込みにくいのも汚れが残ってしまう原因の一つです。
家庭での洗濯で汚れを綺麗に取り除くためには作業着専用の洗剤を生地に手もみで染み込ませる工夫が必要になります。
また、洗濯機で洗う際は色移りや生地の変質を防ぐために他の衣類とは分けることが大切です。
一回の洗濯で汚れが除去できない時は複数回に分けて入念に洗うことで綺麗になりますが、生地を傷めないように洗剤や水の量に気を配ります。
また、乾燥させる際は型崩れを防ぐためにシワを伸ばし、直射日光を避けて風通しが良い日陰に干すことで生地の品質を保つことが出来ます。
着用しないときは虫食いの被害に遭わないように防虫剤を入れた収納ケースに仕舞うことで長持ちさせることが可能です。

check

合宿 免許 激安

Last update:2019/2/15